お店のご案内

「雲の上寄席」の由来は、小学唱歌「ふじの山」の歌詞、「あたまを雲の上に出し~」の富士山同様、東京スカイツリーが雲の上に頭を出している様子から「雲の上寄席」と命名されました。名称は「笑っていいとも」等のプロデューサーを務める放送作家の高平哲朗氏に命名していただき、文字は江戸文字の大家で、「橘流寄席文字」の橘右楽氏の直筆です。高座の大きさも江戸時代の頃とほぼ同じ大きさで再現され、総檜で造られた高座から皆様に愉しさをお届けいたします。

お席に関しまして

白木を使用した明るい店内は江戸の居酒屋の雰囲気を残しながら、高座を中心にして、テーブル席を配置しております。

桟敷席

高座の前には桟敷席をご用意。夜は寄席芸を間近に楽しめます。

小上がり席

高座が見られるように一段高く配置されています。

カウンター席

一枚板で仕上げたカウンター席は目の前で調理する姿を見ながら食事もお酒も楽しめます。
そして寄席芸をどの席からもライブで楽しんでいただけるよう大型モニターを配置しております。

各種宴会コースのご案内

夜は高座を目の前にお食事をとりながら寄席芸がご覧になれます。
必ず寄席芸を楽しんでいただけるようお時間指定になります。

寄席芸は 18:30~(約30分間)となります。
(ランチタイムの寄席芸はございません。)
当日の演目は寄席情報ページをご確認ください。

宴会コースメニュー

そらまち亭自慢の江戸味噌を使用したお鍋やお得な飲み放題付きプランをご用意いたしました。

詳しくはこちら

ご予約に関しまして

ご予約はお電話にてお申し込みください。

03-5809-7047 受付時間 11:00~23:00

店内のご案内